post

アルバイトを選ぶうえで皆さんは何に注目しているでしょうか。やはり仕事内容や時給が選ぶ際の基準に使われることが多い条件でしょうか。ですが、意外と忘れてはいけないのが交通費についてです。当然、アルバイト先まで公共交通機関を何も使わないで通うことができる場合には関係ありませんが、電車等を使って通勤する場合には交通費とは大きな問題になってきます。片道200円だとしても、月に10回働くとすれば4000円の費用が掛かってしまうわけです。時給や仕事の内容がいくら良くても交通費が高く、出費がかさんでしまっては元も子もありませんよね。ですから、交通費がどの程度支給されるのか、また、学生の方の場合は通学定期との兼ね合いも気になりますよね。ここではアルバイトを探すうえで気を付けたい交通費について知っておきたいことをご紹介します。

交通費の上限

 求人情報に「交通費支給」の文字があれば一安心。…とも限らないのです。交通費支給と書いてあればいくらかの交通費が支払われると考えてもよいですが注意が必要です。それは交通費の上限についてです。月に〇万円までというような支払いに関する条件が定められていることがよくあります。交通費が多くかかるような方の場合はとくに注意が必要ですので求人情報をよく確認しておくことをお勧めします。自分の通勤経路を調べて、月にどれくらいの交通費がかかるのか計算しておきましょう。

通学定期内でも交通費をもらえるか

 学生の方の通学定期範囲内にアルバイト先がある場合は交通費は支給されるのでしょうか。基本的には通学定期で通勤が可能な場合は、必要な経費としてみなされずに支給されないことが多いようです。ですから、交通費をもらいたいと考えている場合は求人情報にも細かく載ってはいないことが多いので直接確認することが必要でしょう。また、長期休暇等で学校に通わず、定期を使わない時期についてもあらかじめ確認しておくことをお勧めします。

交通費で儲かる?

 例えば、電車で通勤しているとアルバイト先に申告しておきながら自転車等で通勤することで余分に交通費をもらうということはできるのでしょうか。少しでもお金を多く稼ぎたいと考えている人であればこのように考えたことがあることはあると思います。しかし、これはお勧めできません。アルバイト先をだましてお金を受け取っているということに他ならない行為ですし、ばれてしまえばクビになってしまったり最悪の場合は訴えられてしまうということだって考えられます。交通費は働きやすい環境を作ってくれるご厚意なのですから、悪用は決してしないようにしましょう。