post

大学生に人気の定番アルバイトといえば…生徒に勉強を教える家庭教師や塾講師です。時給が高く、狙っている人も多いのではないでしょうか。しかし、どちらも生徒に勉強を教えるという点では同じで、時給にも差がないので違いがないように感じます。そのため「家庭教師と塾講師、どっちがいいの?」と迷ってしまうと思いますが、実は、塾講師と家庭教師にはいくつもの違いがあるんです。
そこで今回は仕事内容や待遇面で家庭教師と塾講師を徹底比較し、向いている人/向いていない人をご紹介したいと思います。

家庭教師や塾講師の魅力

なぜ家庭教師や塾講師が大学生から人気なのでしょうか?どちらにも共通しているメリットや魅力をまとめてみました。
時給が高い
時給は1200~1500円ほどと高めで、それぞれ成果や能力次第でさらにアップすることもできます。責任やプレッシャーも大きいですが、やりがいがあるバイトです。
コミュニケーション能力が身に付く
授業で生徒にわかりやすく伝えるための高い説明力やコミュニケーション能力を身につけることができます。
責任感が身に付く
担当する生徒のほとんどが受験を目標に通っています。働く際には当然ながら成果が求められるため、責任感を身につけることができるでしょう。就職活動でも役立つバイトです。
未経験でも安心して働ける
ほとんどの場合、指導方法やカリキュラムの組み方について事前研修を受けることができるので、経験や自信がないという人も安心です。

家庭教師と塾講師の決定的な違い

基本的には似ている家庭教師と塾講師ですが、決定的に違う点もあります。
「職場の違い」家庭教師は生徒の自宅、塾講師はスクール
まず違うのが生徒に教える場所です。所属する塾のスクールで教える塾講師に対して、家庭教師は文字通り生徒の自宅に行き、直接教えることになります。家庭教師は移動時間がかかり、保護者との連携がしやすく、おやつやお茶をご馳走になったりとメリットも多いです。
「生徒との向き合い方」家庭教師はマンツーマン、塾講師は集団指導
生徒との向き合い方も違います。家庭教師はほとんどが個人指導(マンツーマン)なのに対して、塾講師の場合は個人指導から集団指導まで幅広く担当します。
そのため、いろんな生徒に合わせて準備や対応をしなければいけない塾講師のほうが授業以外での仕事が多い傾向にあります。
一人の生徒にしっかりと向き合って教えたい人は家庭教師、生徒たちのモチベーションアップや勉強へ取り組む雰囲気作りが得意なら、塾講師が向いているでしょう。
「収入やスケジュール」家庭教師は不安定、塾講師は安定
家庭教師は生徒とほぼ専属関係なので、急なスケジュール変更や調整が難しいです。予定がある場合は早めの相談が必要でしょう。
また、担当する生徒数が少ないため、収入が不安定になりがちです。時給が高いとはいえ、生徒一人あたり教える時間は週に2~3時間程度なので、収入を増やすためには他のバイトと掛け持ちにするか複数の生徒を担当する必要があるでしょう。
塾講師の場合、複数の生徒や授業を担当し、他のスタッフとの代替も可能なので、柔軟にスケジュールが調整でき、収入も安定しています。