post

大学生などで仕送りをもらっている人はいいですが、やはり大多数の人は、自分で稼いで、家も借りて、食事も自炊して、なんやかんや自分でやっている人がほとんどです。しかし、なにかしらの事情でアルバイト生活をしている人にとっては、一番のネックはお金にまつわる問題です。特に、支出の中で一番なのは、家賃でしょう。お金の前にもまず、借りられるのかどうかという問題も発生します。賃貸契約を結ぶのにはまず、収入があるかという点が結構重要なので、フリーターだと嫌がられるケースも出ています。もし、借りられない場合はどうしたらいいのでしょうか。

家を借りたい、しかし断られる

家賃の相場として、月収の3分の1が賃料の妥当と言われていました。それくらいあれば逆にいうとなんとかやっていけるということです。家を借りる時に断れるという経験はみなさんありますか、こわがっていますが、身の丈にあった家を選べばフリーターでも家を借りれます。フリーター、家を買う、というとなんかのドラマみたいでハードルが高そうですが、フリーター、家を借りるくらいならできます。というか、できないとホームレスになってしまいますからね。家を借りる時に、収入ももちろんですが、保証人などを立てないと入れないことがあります。どうしたら借りやすいんでしょうか。

保証人を立てる、保証会社を利用する

家を借りるとき、物件によって、また大家さんによって、保証人を立てるのか、保証会社を立てるのかが違ってきます。保証会社は、毎年賃料の5割を納めないといけなかったり、割高になるケースが多いので、お得ではありません。保証人は費用がかからないので、親などに頼れば、審査も通りやすいです。親が働いていて収入が多ければ、かなりのアドバンテージになります。働いていなかったりする場合でも、可能な場合もあるのでチャレンジするのはいいと思います。親と絶縁とまでもいかなくても、関係性が悪いと頼みづらいですし、友達もなかなか頼みづらいので保証会社で妥協するという人もいますが、そこはなかなかお金が絡んでくるので保証人ですませたいですよね。また、レオパレスのマンスリーレオパレスであれば、家賃などの利用料が前払いになるので、無職であっても保証人を立てずとも契約することができます。
他にも、親名義で借りるなどの裏技があるので、方法はあるので、試してみては。