post

日々同じ事の繰り返し、アルバイトは単調だから楽という面もありますが、責任がなくやりがいもないという仕事も実際にあります。同じ事の繰り返しで、なんの発見もなくダラダラと生きて行けるから続けている。夢や目標があればいいですが、なくなるとなんのためにこんな低収入な仕事をしているんだという気分にもなりかねません。居酒屋などでは土日が主にかきいれ時となるので、休みもとれない。長期で休みたいと思うけど、シフトの都合で店に気をつかってしまうという、全然フリーじゃないじゃないかと嫌になる時もありますよね。
たまには、メリハリをつけたいし、リフレッシュしたいですよね。

海外でバックパッカーをする

バック一つで世界を旅する、バックパッカーという存在ですが、やってみたら意外となんとかなります。安い物価の地域にいけば、航空券代さえ払えば、安いホテルに泊まりながら数ヶ月生活することも、それほど収入がなくても可能なのです。新たな発見があるかもしれませんし、ずっとバイトで働くより、なにかやってみるというのも手ですよね。

長期の休みが意外と取りづらいフリーター

なかなか数ヶ月休んで、そのあと復帰するなんて職場はないです。正社員で理解あるところなら育児休暇や長期休暇が認めれますが、ほとんどの会社はそれほどの期間を休んだら、退職を余儀なくされます。バイトの場合もそうで、学生などだったら許してくれるバイト先もありますが、一般のバイト先ではなかなかないです。職がなくなってしまうから長期で休みたくないという人がほとんどだと思います。しかし、例えばバイト先のお店が、売り上げがなくなってきたから閉店なんてこともよくありことですし、そう考えたら、会社都合で職がなくなることがあるくらいなら、自分で決めて辞めるというのもアリな選択になります。

休みが取りやすい職

例えば、会社に属していない専門職などの人なら自分で自由に休みがとれます。その分リスクもありますが、海外で生活しながらブログで収入を得る人、写真家、ビデオジャーナリスト、パフォーマーなどの仕事の人もいます。後は、学校の教師は夏休みをまるまる活用できたり、看護婦なども手に職があるため、募集が常にあるため、比較的自由と言われています。工場で住み込みの短期バイトをしては旅行三昧という生き方もありますし、リスクはありますが、一度の人生なのでなにかをやるというのもいいですよね。