post

ファッションやオシャレが好きな人なら誰しも一度は憧れるアパレル系のアルバイト。お客さんに似合う洋服やコーディネートを提案しながら販売する仕事で、接客力や自分のファッションセンスが磨けると若い人たちから人気のアルバイトです。
しかし、アパレル店員として働くためには洋服やバッグ、アクセサリー、メイクなどオシャレに関する幅広い知識や高い接客力が必要です。今回はそんなオシャレに働きたい若者から大人気のアパレル系アルバイトについて、その仕事内容や求められるスキル、採用されるコツをご紹介したいと思います。

具体的にどんな仕事内容なの?

アパレル店員のお仕事はオシャレな服を着てお客さんと会話するだけではありません。店内での接客だけでなく、試着の手伝い、入荷商品の検品、売り場の掃除や整頓などお客さんが買い物しやすい環境づくりをしなくてはいけません。また、最近ではインターネット通販に対応したパソコンで行う発注事務も仕事に含まれるなど、仕事内容は幅広くなっています。

求められるスキルとは

幅広い仕事をこなすアパレル店員には具体的にどんなスキルが求められるのでしょうか?
コミュニケーション能力
まず、商品の魅力やコーディネートの仕方、手入れ方法に至るまでお客さんに伝えられる高いコミュニケーションが求められるでしょう。お客さんから信頼を得て、アパレル店員として活躍するためにはこのスキルを常に磨いておく必要があります。
ファッションに関するセンスと知識
アパレル店員は知識やセンスを兼ね備え、常にお客さんから憧れられる存在でなければいけません。とはいっても、素材やシルエット、保存方法に至るまでファッションはかなり奥が深い世界なので、上手く接客するためには情報収集や勉強を重ねながらセンスと知識を磨き続けなくてはいけません。

アパレルで採用されるコツ

アパレル系アルバイトで働くためには、ファッションに関するセンスや知識、コミュニケーション能力が必要ですが、最初から身につけておく必要はありません。ファッションが好きな気持ちや向上心、探究心があればどんな人でも始めることができます。ここではそんなアパレル系アルバイトで採用されるためのコツをご紹介します。
志望動機の答え方
志望動機を伝える際には、アパレル販売で働きたい動機やきっかけを答えましょう。そのブランドに関連した話や過去のアルバイト経験を交えながら話すといいと思います。もちろん、過去にアパレルで働いたことがある人は重要なアピールポイントになるでしょう。
更に、今後の前向きな目標とそれを達成するためにどういった努力をしたいかについて伝えられると完璧です。
服装や身だしなみ
アパレル系のお仕事だからといって過剰にオシャレしていく必要はありません。よっぽどセンスが良くないと、かえって逆効果な場合が多いので注意しましょう。採用担当の人はその店舗やブランドの服が似合うかどうかをチェックしているので、ファッションやヘアースタイルはそのお店の雰囲気に合わせておくことがポイントです。バイト先とは関係のないロゴ入りアイテムやカジュアルすぎるコーディネートは避けましょう。あらかじめお店へ行って雰囲気をつかんだり、ブログやSNSなどで店員さんの服装をチェックしておくといいと思います。