post

みなさんはアルバイトの経験はありますか?経験があるという人は高校生や大学生という時期にアルバイトを始めたという方が多いのではないでしょうか。居酒屋さんやファーストフード店などの飲食店や、コンビニ、塾講師等は特に人気のアルバイトで、一度は経験したことがある方もいると思います。学費を生活費を自分で賄うため、遊ぶためのお金を稼ぐためなど多くの人は一度は経験したことがあるアルバイトについて、ここでは日本を離れて海外はアメリカの学生アルバイトの実態をご紹介します。

アメリカの学生に人気のアルバイト

 アメリカの大学生に人気のアルバイトTop10というランキングをまずはご紹介します。

10位:大学内のIT補助
9位:研究室の補佐
8位:企業でのインターンシップ
7位:スポーツ競技の補佐
6位:研究補助
5位:映画・イベントスタッフ
4位:キャンパスツアーガイド
3位:TA・大学講師の補助
2位:図書館
1位:家庭教師

 このランキングを見ると日本とは少し異なり、飲食店等のアルバイトがランクインしていないことに驚いてしまいますね。傾向として、学生が選ぶアルバイトは学業に関連した仕事のものが多いということがわかります。日本の大学よりも卒業が難しいといわれていることからもわかるように、アメリカの大学生はアルバイトでもあまり学業から離れたりはしないようですね。

学生以外にアメリカで人気のアルバイト

 学生に人気のランキングを見てみるとやはり学生だから選ばれているというアルバイトばかりでした。そこで次はアメリカ人に一般的に人気なアルバイトを調べてみたいと思います。
 まずはベビーシッター。日本ではそこまでありふれているサービスではありませんが、アメリカでは非常によく利用されているのがこのベビーシッターです。アメリカの中には、子供を残して親が外出することを犯罪としている州もあります。
 次はピザの配達員です。アメリカの飲食店の時給はあまり高く設定されていないことが多いですが、アメリカならではの文化として“チップ”が存在します。そのため、時給は高くなくても配達先の家でチップをもらうことで稼ぎを賄っているようです。当然、サービスが悪いともらえるチップも少なくなってしまうので、大変ですが、頑張りがいのある人気のアルバイトなようです。