post

アルバイトは、ただお金を稼ぐだけでなく、自分の苦手なことを克服したり、得意なことをさらに磨いたり、いろいろな人と触れていく中で成長が期待できます。そんな中、この先の世界で必ずと言っていいほど重要になってくる英語を使うアルバイトを紹介します。
外国のお客さんが多く訪れる飲食店でのアルバイトや、塾講師として英語を教えるアルバイトなど、一緒くたに英語を使うと言ってもいろいろなものがあります。自分にあったアルバイトを探してみましょう。

グローバル化が進んでいる今の社会では、英語を使うアルバイトがものすごい数存在しています。まず英語を話すアルバイトとして、飲食店の接客業、小・中・高生を対照とした英会話の講師などがあり、また英語を話すことは苦手でも、翻訳のアルバイトなどでリーディングやライティングで英語の能力を活用することができます。中には、アルバイトとしては珍しい、ホテルでのアルバイトや外資系企業でのアルバイトも存在します。自分の英語レベルに合ったアルバイトは、探せば必ず見つかります。

英語が評価される今の社会では、TOEICやTOEFLなどの英語のテストが就職の採用の大きな基準となっています。英語の能力は急に伸びるわけではなく、日頃から英語に触れることの積み重ねが大事になってきます。また、英語を独学することと、お金をもらって英語を使っていることでは、同じ「英語に触れている」と言っても意味合いが少し違います。お金をもらって英語を使うことによって、責任と自覚を無意識に感じ、そのためより英語が身につくことが考えられます。これらの理由から、将来英語と使った仕事をしようと思っている人は特に、英語を使ったアルバイトをすることをお勧めします。

英語を使う仕事はあらゆる分野で必要となっています。服が好きなら海外の商品を買い付けるバイヤー、本が好きなら本の翻訳、教えること、子供が好きなら英語の教師など、道はいくらでもあります。また、英語のみでなく中国語、フランス語、ポルトガル語など、他の外国語も需要が高まっています。あまり話す人がいない今が、かなりのビジネスチャンスでしょう。これらの言語なら、今から勉強しても第一線として社会で活躍できる可能性は十分にあります。ぜひ今のニーズにあった仕事をしましょう。