post

学生が働く場合、「とにかく稼げればいい」とか、「ラクして稼げればなんでもいい」と考えると思います。それは、親の管理のもとで生活していることで、保険や税金のことをあまり深く考えなくてもよいからです。したがって派遣でもアルバイトでも、とにかく稼ぐことができればなんでもいいと考えるでしょう。
しかし、細かい点に注目すると派遣とアルバイトでは大きな違いがあります。では具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

派遣とアルバイトの主な違いはそれぞれの雇用形態です。アルバイトは知っての通り、自分で店舗に行ったり、ネットを使ったり、履歴書を郵送して直接その会社に応募して、採用されたら契約をして働きます。一方の派遣はアルバイトとは違い、もととなる派遣会社と契約を結び、そこから仕事先に派遣されて、派遣先で仕事の指示を受け業務を行います。

雇用形態に伴って業務でも大きな違いがあり、派遣にはいろいろな制限が設けられています。派遣の場合は、あらかじめ派遣先の仕事の内容やその範囲、勤務場所などが決まった状態で仕事が回ってきます。そのため、派遣先に行ってそれを無視してより厳しい仕事を強いられることはありません。それは派遣先の契約違反になってしまうからです。また、もし派遣先の会社とトラブルが起きてしまったとき、派遣会社の営業担当が取り持ったりもします。ほかにも通常のアルバイトではできることでも、派遣ではできない仕事もあるので、応募する前に確認することが必要です。

より時給が高い仕事を探しているとき、時給や日給が高いものは派遣の仕事に多くあるように感じませんか?実際に求人サイトや求人雑誌を見てみると、派遣の仕事は給料が高いです。それは、派遣では給料を高くしてまで働き手が欲しい仕事内容ということです。例えばライブステージの創設やライブのスタッフなどが代表されます。
アルバイトでは毎回同じような業務をこなし、決まった時給ないしは日給を受けるのが定石です。またアルバイトでは、続けていくことで昇格し給料が上がることも考えられます。

派遣もアルバイトもそれぞれ特徴があり、どちらがいいとは一緒くたには言えません。それぞれ魅力があり、自分の生活環境や生活習慣にあった方をうまく選択することが良しとされます。なにを優先して仕事をしたいかを明確にしましょう。